富士山のある待ち ふーちゃん 富士宮市観光ボランティアの会
富士宮へようこそ 観光ボランティアの会
会の紹介 ガイドの申込 名所マップ 観光コース お花見 食べる 湯
スタート

この付近の山(毛無山)は、戦国時代から近世にかけて金山(かなやま)と呼ばれ金が採掘され、この麓地区は大変賑わいました。今は居住者が数軒しかありませんが、徳川時代には麓千軒と呼ばれるほどの賑わいを見せました。

yajirushi

500m 10分

金山奉行だった竹川家
現在もその子孫の方が生活しています。
屋敷内へは立ち入らない様にして下さい。

麓のつり橋
4.2Km 80分
陣馬の滝
源頼朝が富士の巻狩の折
一夜の陣を張ったといわれる陣馬の滝

途中猪之頭中学校から
ちょっと横道 富士養鱒場


陣馬の滝近くの遠照寺境内
にある溶岩樹型 太鼓石

3Km 50分
小田貫湿原

小田貫湿原(こだぬきしつげん)
西側、中間、東側の三つの湿原に分かれて
おり、この西側湿原は一番広く面積1.4f。
低地層湿原で基底には小富士火山泥流が
分布し、この上を新富士火山新期の黒土層(クロボク)が覆っています。
湿原の中には81の大小の池があり、
アサマフウロなどの植物が見られるほか
貴重なトンボなど昆虫類、イモリなど両棲類が棲息しています。

 

ダイヤモンド富士
yajirushi 1.6Km 15分
ゴール
田貫湖(たぬきこ)
周囲約4キロの人造湖ですが、毎年4月と
8月の20日近辺に太陽が頂上から昇り、
恰もダイヤモンドのような輝きをするので
ダイヤモンド富士と呼ばれ、多くのカメラマンが訪れます。
また、夏にはキャンプ場として賑わい、
四季を通じヘラブナ釣りが楽しめます。

 

 

湖畔の国民宿舎
休暇村富士

湖畔のテントサイト
東海自然歩道は「休暇村富士」の裏から長者ヶ岳、天子ヶ岳へと続きます。
健脚の方は田貫湖から長者ヶ岳⇒⇒天子ヶ岳まで足を延ばしては如何ですか。

田貫湖キャンプ場問い合わせ電話
バンガロー  0544−52−0015
テントサイト 0544−52−0155

ルート案内図  
スタート地点までのバス運行が午前中1本のみにつき、貸し切りバスかマイカー対応をお勧めします。
マイカーの場合2台必要になります。
バスご利用の場合は、富士宮駅より富士急行河口湖行きにて「グリーンパーク入口」で下車。
バス時刻表問い合わせ⇒⇒富士急静岡バス富士宮営業所 電話 0544−26−8151
マイカーの場合は、国道139号線を山梨方面に向け北上し、上記バス停の所で斜め左に入る。
バス停から「麓山の家」まで2q。途中1.5qの地点に「麓のつり橋」への入口があります。